comico plus(コミコプラス)は有料課金?無料で読むには?

comico PLUS(コミコプラス)がついにリリースされました。
人気の無料マンガアプリ「comico」の姉妹サービスとしてリリースされた無料マンガアプリです。

comico_plus_01

ただし、課金システムなども加わったため、使い方が複雑になっています。
完全無料ではなくなっていますが、無料で利用することも可能です。

ここではcomico PLUS(コミコプラス)の情報をお伝えします。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

comico plus(コミコプラス)とは?

comicoから、18歳以上推奨、ちょっと大人なcomicoとして、分離したのが「comico PLUS(コミコプラス)」です。

マンガ雑誌でいうとジャンプに対するヤングジャンプ(ヤンジャン)みたいなものですかね。

無料で掲載しているうえでは当然あらゆる世代に公開されているので、いろいろと表現上の問題が出ていると言われています。
それを18歳以上推奨とすることで、ちょっとハードルを作っているんでしょうね。

comico PLUS(コミコプラス)で掲載される作品は、もともとcomicoで掲載していたものが移籍するものも多くあります。
また、チャレンジ作品やインディーズからの新連載漫画も発表されました。

comico PLUS(コミコプラス)の課金システム

comicoは全作品完全無料なのですが、comico PLUS(コミコプラス)は無料でも楽しめるものの有料課金システムも導入されています。
そして、そのシステムが複雑なため混乱を招いているようです。

そこで、comico PLUS(コミコプラス)の利用方法とシステムについてまとめてみました。

comico PLUS(コミコプラス)でマンガを読む方法は以下の3つです。

  • 無料(基本は試し読み)
  • レンタル券(1つの作品につき1週間に1話だけ読める)
  • コイン(有料課金)

これだけではよくわからないので、それぞれについて説明します。

無料(基本は試し読み)

基本的にcomico PLUS(コミコプラス)の掲載マンガの第1話と第2話については、すべての作品が無料となっています。
試し読み的な要素が強いと思います。

ただし、comicoからの移籍作品については、過去comicoに掲載されていた話+1話分が無料となっています。

例外的に、水曜で連載開始された「さんかく」については全話無料となっています。

※もしかすると今後、無料枠が広がっていくのかもしれません。できればそうして欲しいです。

レンタル券(1つの作品につき1週間に1話だけ読める)

無料で読めるのが限定的なので、「じゃあ、無料じゃないじゃないか!」ということになりますが、無料で読むための方法が次に紹介するレンタル券です。

comico PLUS(コミコプラス)を無料で楽しむためにはこのレンタル券が肝となります。

まずログインする必要があります。
そしてレンタル券は「作品ごと」に配られます。
レンタル券1枚で1話を無料で読むことが可能です。

そしてレンタル券は1度使うと消えますが、基本的に1週間で再度利用が可能となります。
簡単にいうと、各マンガは1週間に1話分だけ読めるということです。

そしてレンタル券の有効期間は8日間なので、8日経つとその話も読めなくなってしまいます。
(リリース当初は3日間でしたが8日間に延長になりました)

いちおうすべての作品を無料で毎週1話ずつは読めるというものの、過去の話を一気に読み返したりができないわけです。
ここがcomico PLUS(コミコプラス)の使いにくそうなところです。

どれでもレンタル券

基本は週に1話しか無料で読めないのですが、「どれでもレンタル券」というものもあります。
その名の通り、どのマンガにも使えるレンタル券です。

イベントなどで手に入れることが可能です。(初回ログインなどでもらえます)
お気に入りのマンガなどを続けて読むときに使えるものです。

ただ、どの程度配布されてくるのかは不明ですね。

コイン(有料課金)

最後にcomico PLUS(コミコプラス)の有料課金システムであるコインについてです。

まず最新の3話を読むためにはコインが必要となります。
また、レンタル券がない状態で、読もうと思ったときにもコインが必要となります。

なお、コインで「購入」した話はレンタルではないので、ずっと読むことが可能です。
繰り返し読みたい、一気に読みたいマンガについてはコインを使って購入するということになります。

まとめ

comico PLUS(コミコプラス)の利用システムは少し複雑ですし、comicoのように完全無料ではない点がちょっと残念です。
しばらくの間、読者は混乱するでしょうし、離れていく人もいそうです。

とはいえ、使い方次第で無料で読むことも可能ですので、私は好きなマンガを読んでいこうと思っています。

課金システムにより、作者の方の待遇改善にはつながるかもしれないですし、より魅力的な作品が生み出されていくことを臨みます。

comico PLUSの掲載作品はこちら

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加