フォアグラを通販で購入して自宅でおいしく食べるレシピ・焼き方

フォアグラといえば世界三大珍味の一つの高級食材ですね。
フォアグラはガチョウもしくは鴨のレバーで、トロッとして濃厚な味わいがたまらない食材です。

フォアグラの種類としては以下の2種類があります。

  • ガチョウの肝臓:フォアグラ・ド・オア(foie gras d’oie)
  • 鴨の肝臓:フォアグラ・ド・カナール(foie gras de canard)

一般的にはフォアグラ・ド・オア(ガチョウの肝臓)の方が、飼育に手間がかかるので、高級とされています。


フランス料理で使われることが多い食材でフランスのイメージが強いと思います。

でも、実はハンガリーも世界的なフォアグラの生産国です。
ハンガリーにフォアグラのイメージがないかもしれませんが、ハンガリー産のフォアグラは上質で、しかも安価で購入することができます。

日本でも、通販でハンガリー産のフォアグラを安価に入手することができます。

ですので、自宅でちょっとした贅沢をするなら、ハンガリー産のフォアグラがおすすめです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

フォアグラの通販

楽天なんかでもフォアグラは購入できるのですが、もっと安くていいものはないかを色々と調べてみました。

そんな中、グルメソムリエというサイトでいいフォアグラを見つけました。

グルメソムリエでは冷凍された200g前後のフォアグラを1,200円くらいで売っているのです。
しかも、高級とされるフォアグラ・ド・オア(ガチョウの肝臓)です。



一人で200gはちょっと多のですが、何人か呼んで一緒に食べるつもりだったのでこれを買うことにしました。

高級食材を安く買えてとても満足です。

フォアグラと牛ヒレ肉ステーキ

届いたフォアグラは冷凍状態で、クール宅急便で届きます。
ですので、食べる前日には冷蔵庫に入れて解凍します。

フォアグラだけのソテーでもよかったのですが、私はフォアグラと牛ひれ肉のステーキにしました。

トロッと濃厚なフォアグラと、脂身の少ない牛ヒレ肉のステーキは高級料理の定番ともいえるものです。
お店で食べるとかなりの金額がするのでなかなか手が出ませんが、お家で作ればかなり安く食べられます。

せっかくなのでフォアグラと牛ヒレ肉のステーキを作ってみました。

フォアグラと牛ヒレ肉ステーキのレシピ

そのフォアグラと牛ヒレ肉のステーキのレシピをご紹介します。

材料(2人分)

牛ヒレ肉:150g×2切れ
フォアグラ:50g×2切れ
塩・コショウ:少々
小麦粉:適量

■ 【ソース】

バルサミコ酢:大さじ3
しょうゆ:大さじ3
ハチミツ:大さじ3

調理

できればフライパンは牛ヒレ肉用とフォアグラ用の2つを用意するとよいです。
タイミングよく温かく、おいしくいただけます。
もし一つしかなければヒレ肉から焼きましょう。

  1. 牛肉は30分前に塩コショウし常温に戻します。
  2. フォアグラに塩コショウを軽くし、小麦粉をまぶします。
  3. 盛り付けのお皿はあらかじめ温めておきます。
  4. フライパンに油をひいて、ヒレ肉を強火で熱し焦げ目がついたら裏返し、その後中火で2~3分焼きます。
  5. フォアグラは油を引かず中火で焼きます。焦げ目がついたら裏返します。※焼き過ぎると脂が出てパサパサしてしまうので焼きすぎには注意です。
  6. 温めたお皿にヒレ肉をのせ、その上にフォアグラをのせます。
  7. フォアグラの脂が出たフライパンに、バルサミコ酢と醤油、ハチミツを加えて煮立たせます。
  8. ソースをかけて完成です!

foiegras

自分で作っておいてなんですが、とってもおいしかったです。
フォアグラのトロッと濃厚な味わいとヒレ肉の味が融合して本当においしかったです。

自分で調理すれば高級食材のフォアグラでも安くて買えて、とってもぜいたくな気分になれて、幸せな気分になれます。

たまの贅沢にフォアグラはいかがでしょうか?

上質なフォアグラならグルメソムリエがおすすめです。
世界各地の珍しいグルメな食肉の通販サイト【グルメソムリエ】

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加