布団が干せない一人暮らしには布団乾燥機と布団掃除機がおすすめ

一人暮らしですと布団を干せるのは土日、祝日のみ、その土日も雨が降っていると干すことも出来ず。。。と、一人暮らしだとなかなか布団を干せなかったりします。
特に梅雨時や花粉の季節なんかは、本当に困ります。

布団の湿気を取りたいですし、ほこりやダニも取り除きたいですね。
特にダニに関して、私はアレルギー持ちなので気になります。

そんな時に役に立っているのが、布団乾燥機と布団掃除機です。
キレイなお布団でゆっくり眠ることができます。

futon

布団乾燥機と布団掃除機は役割が違うので両方あったほうがよいと思います。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

布団乾燥機

布団乾燥機は温風を噴き出して布団を乾燥させてくれます。
さらに熱でダニも殺してくれますし、湿気も取ってくれます。

布団がフカフカになって気持ちいいですね。
梅雨時にはもちろん、花粉の季節や冬にも役立ちます。

あと、衣類乾燥機能付きのものもあるので、洗濯乾燥機がない人はそちらを選んでもよいかもしれませんね。
衣類乾燥機能付きのもので人気があるのはこちらみたいです。

ただ、温風を吹きかけるものなので、梅雨時は暑いかも。

私はドラム式の乾燥機付洗濯機を使っているので、衣類乾燥機能は要りません。
単なる布団乾燥機を使っていて、値段もだいぶ安く買えます。

布団掃除機

布団を干したり、布団乾燥機でダニを殺したりできても、ダニの死骸やホコリはそのまま布団に残ってしまいます。
ダニアレルギーの人は、ダニの死骸にも反応するのでしっかり取り除いたほうがよいです。

なお、布団を干してパンパンッと叩いてもほとんど取れないそうです。
ですので、布団を干せた日も掃除機で布団掃除もしたほうがよいです。

では、布団掃除機もいろいろ売られていますが、どれがいいでしょうか?
代表的なものをいくつかご紹介します。

レイコップ

布団掃除機・布団クリーナーと言えば、やはりレイコップですね。
この分野のパイオニアです。

レイコップ公式オンラインストア


独特の形で布団掃除に特化しています。
布団に密着するのですが掃除してても布団がくっついてこないので滑るように動きます。
女性でも楽に掃除できますね。

また、UVランプ(紫外線)照射ができます。
UVランプの威力がどうなのかは人によって意見が分かれているようです。

ダイソン

布団掃除機に特化しているわけではないですが、掃除機の代表といえばダイソンですね。
吸引力のある掃除機と言えばダイソンです。

ダイソン公式オンラインストア

吸引力が自慢で、布団クリーナー(レイコップを意識してるのでしょう)の4倍アレルゲンがとれると強調しています。

ただ、ダイソンの場合は吸引力がある分布団がくっついてきます。
上の写真のようなマットレスならよいのですが掛け布団だとちょっとたいへんです。
布団の上を滑らせるわけではないので、ちょっと力がいるので女性は大変かもしれません。

レイコップとダイソンどっちがいい?

やはり布団掃除機では、このレイコップかダイソンの人気が高いみたいです。
ではどっちがいいかと言うと、使い方次第かなと。

布団掃除での扱いやすさでいうとレイコップ、吸引力で選ぶとダイソンですね。
ダイソンだと布団だけでなく普通のハンディクリナーとして使えるのも魅力ですが、布団掃除がしにくいのは面倒ですね。

では、私が何を使っているかと言うと、実はどっちでもなかったりします。

私が使っているアトケア

あまり有名ではないのですが、実は私はアトケアというのを使っています。

アトケアはレイコップ同様に布団掃除機に特化したものです。
UVランプ(紫外線)も付いてます。

レイコップよりちょっと重いですが、布団がくっついてくることもなく、滑らせるように布団掃除ができますので扱いやすいです。
吸引力がレイコップよりも高くダニの死骸やホコリはレイコップより取れると思います。
また、値段がレイコップより安いのも魅力でした。

atocare

羽毛布団を掃除した時の写真です。
布団がくっついてこないのでよいです。

atocare2

終わった後のホコリの写真です。
けっこうホコリが取れます。
私はアトケアを買ってよかったなーと思っています。

布団を清潔にすると本当に気持ちよく眠れますよ。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加