一人暮らし向けの引越し業者に一括見積 引越し見積比較

3月~4月は引越しシーズンです。
大学入学、就職、転勤で引越しをしなければならない人も多いと思います。

部屋・物件探しが終わった後、必要になるのが引越し業者選びですね。

hikkoshi

一人暮らしの引越しの場合、引越し業者さんはどのように選んだらよいでしょうか?
業者の選び方で金額も変わってきます。

引越しの一括見積もり

賢く選んで無駄なお金を使わないようにしましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

引越し方法のパターン

引越しには大きく3つのパターンがあります。

  1. 自力で引越し
  2. 赤帽に依頼
  3. 引越し業者に依頼

それぞれについて見ていきます。

1.自力で引越し

レンタカーなどを借りて自分で荷物を運ぶ方法です。

  • メリット
    • 比較的安い
    • 自分のペースでできる
  • デメリット
    • 車を借りる手間
    • 時間がかかる
    • 体力がいる
    • 梱包が手間

冷蔵庫とか洗濯機などの大型家電があるとちょっと難しいですが、
一人暮らしであまり荷物がなく、近場への引越しであればこの方法もありです。

2.赤帽に依頼

赤帽とは軽貨物運送業を営む個人経営のサービスです。

  • メリット
    • 比較的安い
    • 荷物と一緒に同乗できる
  • デメリット
    • 積載量が小さい
    • 梱包が手間
    • 業者によりサービスのバラつきがある

荷物が少なめて、近場への引越しであればメリットはあります。

3.引越し業者に依頼

専門の引越し業者に頼む方法です。

  • メリット
    • 仕事が丁寧
    • 荷物を運ぶ必要なし
    • 遠くでもOK
    • 梱包も任せることも可能
  • デメリット
    • 比較的高め
    • 業者の料金差が大きい
    • 業者によりサービスのバラつきがある

一言で引越し業者と言っても、多くの業者がいます。
そして業者ごとにサービス内容や料金がけっこう違います。

うまく業者を選べば安く、楽に引越しすることができます。

引越し業者の選び方

では、どのように引越し業者を選べばよいでしょうか。

業者ごとにサービス内容も違うので、荷物の量や距離、梱包を自分でやるかなど様々な条件で料金は変わってきます。
引越し料金を調べるためには業者ごとの見積もりを取る必要があります。

とはいえ、いくつもの業者に見積もり依頼するのはけっこうたいへんです。

でも、そんな時間や手間をかけず、自分に合った引越し業者を簡単に選ぶ方法があります。

インターネットのサービスで引越し業者の一括見積を行ってくれるサービスがあるんですね。
しかも無料で。

引越し業者一括見積サービス

引越し前の住所、引っ越し先の場所、荷物の量などを入力すれば、複数の引越し業者に一斉に見積依頼ができます。
しかも、競争が起こるのでけっこう値引きしてくれたりもします。

自分にとって一番安い、メリットのある引越し業者を簡単に探せるので便利です。
引越し業者を探す時にはぜひ利用してみてください。
無料一括見積もりはこちら



スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加