保留荘の奴ら comicoPLUS(コミコプラス)で復活・再開

comico で人気マンガだった「保留荘の奴ら」

しばらく掲載中止となっていましたが、ようやくcomico PLUS(コミコプラス)で連載再開となりました。

3/13(日)に「保留荘の奴ら」が復活・再開します!!

horyuso

comicoからcomico PLUS(コミコプラス)が分離するといわれた時から、「保留荘の奴ら」の移行話があったにもかかわらず今まで発表がありませんでした。

それがようやく連載再開となると、喜ぶファンの方も多いと思います。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

保留荘の奴らとは?

「保留荘の奴ら」はもともと無料マンガアプリcomico(コミコ)で、人気があったマンガです。

その内容は死んだ後、閻魔大王の判断が決まらずに天国にも地獄にも行けなくなって、処分保留となった死者のお話しです。
その処分保留となった死者が向かう場所が、留国とよばれる保留荘の奴らの舞台です。

主人公は、死に際し記憶をなくしたために閻魔大王から留国行きを言い渡された仮称「山田トム」です。

そして、主人公以外の登場人物は全員が殺人鬼という設定で、留国に「保留荘」というアパートでの生活を描いています。

この作品ですが、その登場人物の名前はやや変えてはいるものの、実在した犯罪者をモデルとしたキャラクターがメインに出てきます。
そのモデルたちの犯罪歴は一般的なものを超えるレベルの凶悪犯罪者だったりします。

マンガ自体はほのぼのして、楽しい感じだったりするのですが、そのモデルに問題があり色々とこの「保留荘の奴ら」というマンガ自体に対して賛否両論ありました。
そしていったん連載中断となったわけです。

でも、人気があったことは間違いありません。
保留荘の奴らは単行本も発売されています。

結果として、一般向けのcomico(コミコ)から、ちょっと大人向けのcomico PLUS(コミコプラス)での再開が決まりました。

ファンの人にとっては喜ばしいことですね。
ただ、いろいろと物議をかもした作品なので、今後はもしかすると少しテイストが変わるというか抑えめになるかもしれませんね。

とはいえ、おもしろい作品であることは間違いないので、今後のcomico PLUS(コミコプラス)での活躍を期待しています。

で、セカンドシーズンとして再開された数話を見てみました。
登場人物の解説的な話だったりしますが、これから面白くなりそうな予感がしています。

comico PLUS(コミコプラス)の看板作品になりそうですね。
ぜひ見てみてください。

comico PLUS(コミコプラス)をもっと知りたい方はこちら

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加