無料マンガアプリ 少年ジャンプ+(ジャンププラス)はおススメ

少年ジャンプ+(ジャンププラス)とは、ジャンプのマンガが無料で読めるというかなりお得でおすすめなサービスです。
スマホ用のアプリも出ているので、スマホで手軽にジャンプのマンガが無料で読めるのです。

とはいえ、もちろん現在リアルタイムにジャンプで掲載されているマンガをタダで読めるというわけではありません。
ただ、過去にジャンプで掲載していた人気マンガや、そのスピンオフマンガなど、クオリティの高いマンガを読むことができるのです。

それ以外にも、ジャンプ+(ジャンププラス)だけで連載しているマンガなどもあり、かなりおすすめです。

毎日数作品が提供されているので、全ての曜日でちょっとずつ楽しむことができます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

少年ジャンプ+(ジャンププラス)のおすすめマンガ

個人的な趣味にはなりますが、ジャンプ+おすすめのマンガをいくつかご紹介します。

黒子のバスケ ReplacePLUS

「黒子のバスケ」といえば、週刊少年ジャンプで2009年~2014年まで連載された人気のバスケマンガですね。

その小説版である「黒子のバスケ-Replace-」をマンガとしても読めるわけです。
「キセキの世代」のマル秘エピソードをタダで読めるわけです。

本編とは違ったゆるい感じがよいです。

ラブデスター

ラブデスターは、かつて週刊少年ジャンプで「エニグマ」を連載していた榊健滋のマンガです。

高校生が異世界に連れさられ、真実の愛を見つけられなければ死んでしまう話です。
カップルが成立した人のみが現実に帰還でき、失敗すれば殺されてしまうという設定なわけです。

純粋に動く人だけではなく、死を回避するために駆け引きをする人などがいて、なんやかんや起こるという話です。

あの娘はヤリマン

このタイトルを「少年」ジャンプ+で大丈夫なのか?という感じですね。
まあ、週刊少年ジャンプでは連載できないでしょうね。

実際にはヤリマンは「槍マン」であり、色んな武器を持つ「○○マン」と戦うという話です。
最強は手マンだったりと、なかなか下ネタ気味ですね。

ゆるい感じのギャグマンガで、いい感じです。

アナノムジナ

「正義の詐欺師」が仲間と悪を討つ、というマンガです

幼い頃に狢(ムジナ)から人を騙す能力を与えられるのですが、人を騙すことに飢えることになり、詐欺師として生きることを余儀なくされます。

もともとは人がいいので、人を騙さなければならない自分に嫌悪感を持ちながらも、悪党のみを相手にする正義の詐欺師ということで納得させたりします。

法では裁けない悪党を裁くのという必殺仕事人的な(殺したりはしないですが)感じですね。

SOUL CATCHER(S) ソウルキャッチャーズ

SOUL CATCHER(S)は、2013年~2014年には、週刊少年ジャンプに掲載され、その後、少年ジャンプNEXT!!に移籍した後、さらに少年ジャンプ+に移籍したマンガです。
そのころからけっこう好きでした。

高校の吹奏楽部をテーマにしたマンガです。

主人公の神峰翔太は、人の心が目に「見える」能力を持っていて、人の嫌な心が見えてしまうために人と距離を置いてました。
その後、吹奏楽部の演奏が人の心を掴むことを知り、音楽を人の心に届ける指揮者となるために悪戦苦闘しながらも、仲間を増やしていき困難を乗り越えるという、ジャンプらしいストーリーとです。

人の心が目に見えるということで、普通の音楽マンガとは違った表現、展開が繰り広げられますし、キャラも立っているのでこのマンガが無料で読めるのはありがたいです。

群青のマグメル

マグメルという未知の生き物や鉱物であふれる新大陸が突如出現し、多くの探検家が訪れるという話です。
探険家達の遭難が相次ぐ中、その捜索・救助を専門とする拾人者(アングラー)という職業その中でもNo.1の凄腕の少年が主人公です。

少年漫画の王道的なジャンプらしいマンガです。

ストーリーも絵もハンターハンターっぽい感じがします。
そういわれると作者は嫌かもしれませんが、そう感じるので仕方ないですね。

とはいえ、おもしろいので続きが楽しみです。

このほかにも過去に週刊少年ジャンプで掲載された「ドラゴンボール」や「One Pieceの過去掲載分」「デスノート」「るろうに剣心」などの名作も読めたりします。

これらが無料で読めるので、ジャンプ+(ジャンププラス)はおすすめですね。

少年ジャンプ+の公式サイト

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加