デザイン照明器具で部屋をおしゃれにかえる方法

一人暮らしを始めると、せっかく自分だけの部屋だから「おしゃれにしたい」「自分のこだわりの空間にしたい」と思いますよね。
そこでポイントとなるのが実は照明器具です。

light

照明器具を変えるだけでもけっこう雰囲気が変わります。
おしゃれな照明器具の選び方をご紹介します。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

おしゃれな照明器具のコンセプト

おしゃれな照明器具と一口に言っても、求める雰囲気、コンセプトによって変わってきます。

スタイリッシュなもの、かわいい感じのもの、和風のもの、アジアンなものなど、いろいろあります。
自分が好きな雰囲気、部屋全体のコンセプトを決めて、照明器具やインテリアを選んでみましょう。

照明器具の種類

照明器具にもいろんな種類がありますが、代表的なものは以下のようなものです。

ペンダントライト

ペンダントライトとは、天井からコードやチェーンで吊り下げるタイプの照明器具です。
日本の住宅ではもっとも一般的な照明器具ですね。
種類が多くおしゃれなものも多くあります。


シーリングライト

シーリングライトとは、天井に直接つけるライトです。
高い位置にあるので部屋全体を明るくすることができます。
一般的には丸いシンプルなLEDシーリングライトが多いですが、おしゃれなものもあります。


テーブルライト

テーブルライトとは、テーブルや棚などの上に置く卓上タイプのライトです。
ペンダントライトやシーリングライトはメインの照明器具ですが、テーブルライトは補助的な照明器具です。
種類も豊富ですし、テーブルライトでお部屋の雰囲気もガラッと変わります。


フロアライト

フロアライトとは、床において利用するスタンドタイプの照明器具です。
日本ではあまり一般的に利用されていませんが、欧米ではよく利用されています。
フロアライトは演出効果も高いのでグッとおしゃれになります。
間接照明として利用すると部屋全体がやわらかい雰囲気になるのでリラックスできる空間になります。



ランプの色

照明器具の違いのほかに、ランプ(電球)の色の違いも関わってきます。
白っぽい色(昼白色)か、黄色っぽい色(電球色)かによっても部屋の雰囲気は変わってきますね。

白っぽい色(昼白色)でははっきりと明るくなり、集中力が増すそうです。
黄色っぽい色(電球色)は、ムードがある感じになり、リラックス効果があるそうです。

照明器具だけではなくランプ(電球)の色も重要なんですね。

最近はほとんどがLED電球になってきています。
LED電球では、リモコンで色を変えられるものも出ています。

自分が求めている雰囲気に合わせたランプ(電球)を選ぶことも重要ですね。

自分が好きな照明器具を選ぼう

照明器具には本当にいろいろな種類があります。
自分が求めている雰囲気、コンセプトに合わせて照明器具やランプの色を選ぶことが重要です。
せっかくの一人暮らしであれば、自分好みの部屋にしてしまいましょう。

おしゃれなデザイン照明器具のサイトなどもあるので、自分好みの照明器具を探してみてはいかがでしょうか。

インテリア照明専門店のテラッセオ

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加