おすすめのノンオイルフライオーブン Pieria DCO-1401

一人暮らしをすると、自炊をしていてもなかなか揚げ物することはなくなってしまいます。

理由は、
・油が大量に必要
・終わった後の油の処理が大変
・キッチンが汚れる
などなど、一人で揚げ物をするのはなかなか面倒なものです。

それでもたまには、唐揚げやトンカツなんかも食べたくなりますよね。

fry

お弁当屋さんやコンビニで買うのもいいですが、せっかく自炊しているならノンオイルフライオーブン(コンベクションオーブン)を使うことをオススメします。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ノンフライヤーといえば

ノンオイルフライヤーといえばこちらのフィリップスのノンフライヤーを思い浮かべる人も多いと思います。

油を使わず熱風で揚げ物と同じような食感が味わえます。

こちらのノンフライヤーは有名ですし、おいしくできると評判です。
ただ、場所をとる、手入れがたいへん、作れる量が少ない、のです。

そこでおススメなのが、ノンオイルフライオーブン(コンベクションオーブン)です。
トースター、オーブン、ノンオイルフライヤーの3役を一つでこなします。
揚げ物だけでなく、トーストや、ピザ、あるいはお惣菜の揚げ物をカリッと温めることできるのです。

ドウシシャ ノンオイルフライオーブン DOSHISHA PIERIA(ピエリア) DCO-1401-RD

その中でもオススメがこちらです。
ドウシシャ ノンオイルフライオーブンDOSHISHA PIERIA(ピエリア) DCO-1401-RD

参考価格:9,062円

トースト4枚焼ける広さがあるので、揚げ物もけっこうな量が作れます。
もちろん、トーストやピザなんかも焼いたりできます。
また、受け皿やくず受けトレーもついており、洗う時も簡単です。

便利な自動調理メニュー

そして、このノンフライオーブンには自動調理メニューがあるので、作りたいものを選んでボタンを押すだけの簡単操作で揚げ物ができてしまいます。

自動調理メニューには

  • フライドポテト
  • 唐揚げ
  • トンカツ
  • エビフライ

などなど、定番の揚げ物があるので簡単に作れます。

さらにお弁当屋さんやお惣菜屋さんで買ってきた天ぷらなんかを温めなおすこともできます。
電子レンジだとべチャッとしてしまいますが、ノンフライオーブンだとサクッとおいしく温められます。
もちろん自動調理メニューに温めモードもついています。

揚げ物以外では、ピザやチキンステーキ、そして焼き魚なんかも自動調理メニューで簡単に作れます。

ドウシシャ ノンフライオーブンのポイント

・トースター、オーブン、ノンオイルフライヤーの3役をこなす
・大きさも通常のトースターをちょっと大きくしたくらい
・自動調理メニューで簡単
・値段も手ごろ

と、利用範囲も多く、使い勝手もよく、お買得になっています。

揚げ物の味

肝心な味についてですが、実際に私は日常でこのノンオイルフライオーブンを使っていて、おいしい揚げ物を食べられています。

唐揚げは、外はカリッと、そして中はふわっとやわらかくとてもおいしかったです。
トンカツも衣がサクッとして、肉の味が口の中に広がります。

実際には普通の揚げ物とはちょっと違っていて、ガツンとくる油の強さはないのです。
そこが不満という人もいるかもしれませんが、揚げ物と同じようにサクッとした触感があります。
そして、通常の揚げ物以上に肉本来の味が味わえます。
そしてなにより油を使わないのでヘルシーです。

油処理の手間もかからず、ヘルシーで簡単においしい揚げ物が食べられるので、一人暮らしの方にもぴったりです。
ノンオイルフライオーブンDOSHISHA PIERIA(ピエリア) DCO-1401-RDは、おススメですよ。

ノンオイルフライオーブンを使ってトンカツを作った時の様子はこちら

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加