転職エージェント選び 転職を成功させる選び方

私はこれまで何度か転職しています。
現在では死ぬまで同じ会社にいる終身雇用制も崩壊していますし、転職してキャリアアップするのも決して悪いことではありません。

実際に私自身は転職して新しい仕事をすることで様々なノウハウを得られただけではなく、以前の会社のノウハウを次の会社で提案することで重宝されたりもしました。

一つの会社にいるとそこだけの常識に縛られますが、違う会社、違う業界のアイデアを持ち込むと、けっこう実績が生みやすかったりもするものです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

転職を考えだしたら

私の経験からいうと転職活動は営業活動と同じで、ある程度数をあたらなければダメです。
応募⇒書類審査⇒一次面接⇒二次面接と段階を踏んで企業側は応募者を絞り込んできますし、こちら側もよさそうな企業に絞り込む必要があります。
選ばれるだけでなくこちらが選ぶためにも、なるべく多くの企業とあったほうがよいです。

今はいろいろな転職サービスサイトがあるので、企業を探したり応募したりするのも簡単です。
なるべく多くの転職サービスに登録したほうがよいと思いますので、代表的なものをご紹介します。

なお、転職サイト転職エージェントの2つに分けてご紹介します。

転職サイトと転職エージェントの違い

サイトをご紹介する前に、まずは転職サイトと転職エージェントの違いについてお伝えします。
ざっくりと説明すると以下のような違いがあります。

  • 転職サイト:多数の求人情報の中から自分で選んで応募する
  • 転職エージェント:転職アドバイザーが、希望に合った求人情報を紹介してくれ、フォローもしてくれる

二つを比較すると以下のようになります。

転職サイト 転職
エージェント
備考
求人数 転職サイトには掲載されず
エージェントにしかない求人もある
(非公開求人)
手軽さ 転職サイトは自分の好きに行える
エージェントは面談が必要
アドバイス 転職サイトはノウハウ集
エージェントは直接アドバイス
企業との調整 × 転職サイトは自分で調整
エージェントはアドバイザーが調整
成功率 エージェントでは、応募した企業に合わせたアドバイスがもらえる

自分だけで自由に転職活動をするなら転職サイト、専門家のアドバイスを活用したい方は転職エージェントが向いています。

とはいえ、実際にはその両方をうまく活用することをおすすめします。

転職エージェント

私個人としては転職サイトよりも転職エージェントをおすすめします。
アドバイザーからの助言が得られ、企業との調整やその後のフォローも行ってくれるからです。

私も何度か転職しましたが、転職してよかったと思えた会社はエージェントから紹介されたところでした。

ですので、いくつかの転職エージェントをご紹介します。

リクルートエージェント

言わずと知れた、転職業界No.1のリクルートのサービスです。
求人数が多く、質も高いです。
そのため紹介数も多く、スピード感があります。

利用することをおすすめします。



マイナビエージェント

こちらも業界大手です。
20~30代の転職には強いです。

マイナビエージェント

@type

知名度は劣るかもしれませんが、転職業界では老舗的な企業です。
上記の大手と比べると、大きな会社ではないので首都圏中心に展開していおり、全国的には知名度が低いです。
首都圏のIT系には強いです。
また、超大手ではない分、手厚いサポートと良質な紹介が特徴です。

typeの人材紹介

登録してカウンセリングを受けるのは無償です。
まずは試してみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加