一人暮らしでも簡単揚げ物 ノンオイルフライオーブンでおいしいトンカツを作ってみた

一人暮らしをすると、自炊をしていても揚げ物はなかなか作らないですよね。
油の処理など、一人で揚げ物をするのはなかなか面倒なものです。

そんな時に便利なのが油を使わないノンオイルフライオーブンです。
コンベクションオーブンとも言うそうです。
ノンオイルフライオーブンがおすすめな理由はこちら

私が使っているノンオイルフライオーブンがこちらです。
↓↓
DOSHISHA PIERIA(ピエリア) DCO-1401-RD

参考価格:9,062円

私は実際にこのノンフライオーブンを購入していろいろと油を使わない揚げ物を作っています。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ノンフライオーブンが届いたら

いちおうノンフライオーブンが届いた時のことを書いておきます。
設置までにそんなに難しいことはないので、読み飛ばしてもらってもよいです。

外箱

nonfry
箱はこんな感じです。
おいしそうな調理例もあるので期待が高まります。

本体

nonfry1
箱から出すとこんな感じです。
シールは、はがしました。

付属品

nonfry2
付属品です。

①左上が油受け皿 ②右上が網 ③左下が受け皿 ④左下がくず受けトレー ⑤一番右がハンドルです。

付属品の取り付け

nonfry3
開けるとこんな感じです。
ここに必要に応じて受け皿や網、トレーを設置します。

まずは、すべてにおいて必要となる、④くず受けトレーを取り付けます。
これは一番下に設置し、調理のくずを受け取るものです。
今回はトンカツを作ったので、①油受け皿と②の網も取り付けます。

nonfry4
この状態でいよいよ調理開始です。

トンカツを作る

いよいよノンフライオーブンを使って実際にトンカツを作ります。

①下準備

まず豚肉に塩コショウして、小麦粉つけて、卵をくぐらせて、パン粉をつけます。
ここまでは普通のトンカツの作り方と変わりはありません。

※お好みでパン粉にちょっと油を含ませると揚げてる感が増します。
油を使いたくない人はもちろん使わなくてもよいです。

②網にのせる

下準備ができたら網にのせましょう。

tonkatsu1
今回は2枚にしましたが、まだ余裕があるので大きさによっては3,4枚もいけそうです。

③メニューを選んでポチッと

このノンオイルフライオーブンのよいところは、あらかじめいくつか自動調理メニューがあることです。

nonfry5
自動調理メニューで、とんかつは03なので、03を設定してポチッと押せば終わりです。
※もちろんお好みで温度調整や、上下ヒーターを使うかどうか、時間など手動もできます。

④待つ

あとは待つだけです。

とんかつの場合は24分かかります。
油で揚げるのに比べるとちょっと時間はかかってしまいますね。
でも、揚げ加減をみたり、後で油の処理をしたりしなくてよいので、便利です。

tonkatsu2
途中経過が気になったので、ちょっと覗いてみました。
きつね色になってきてます。

⑤完成

24分待つと出来上がりの音が鳴ります。

tonkatsu3
出来上がりがこちら

普通のトンカツとはちょっと見た目が違いますね。
揚げたという感じではなく、焼いた感じになっています。
※実際揚げてないんですが

⑥食べる

どんな感じかなと思いながら、包丁を入れると、「サクッ」という音がしました。
おいしそうな音です。

そして、ソースをつけて食べてみました。
サクッという音とともに、肉の味が口の中に広がります。
私の感想は「おいしい!」です。

普通のトンカツのような、ガツンとくる油の強さはないのですが、揚げ物と同じようにサクッとした触感があり、そしてお肉本来の味が味わえるのです。
あっさりトンカツという感じです。

とんかつソースもいいけど、おろしポン酢で食べるのもおすすめですね。
さっぱり食べることができ、カロリーオフで、お肉本来の味が味わえ、とてもおいしいです。

油の処理もいらないので一人暮らしでも気軽に揚げ物が楽しめます。
しかもカロリーオフで、ヘルシー、しかもおいしいのでノンフライオーブンはおすすめですよ。
ノンフライオーブンはamazonで購入できます

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加