年越しそばの由来や意味 食べるタイミング

大晦日に食べるものといえば「年越しそば」ですね。

soba

年越しそばの準備していたのですが、ふと「年越しそば」の由来が気になりました。

年越しそばを食べるようになった由来は?
年越しそばを食べる意味は?
何時に食べるべきなの?

調べてみました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

年越しそばの由来・意味

年越しそばは、大晦日(12月31日)に縁起をかついでそばを食べる習慣です。
この大晦日に年越しそばを食べる習慣は江戸時代中期から広まったと言われています。

その由来や意味については諸説ありますが、いくつか紹介します。

細く長く・健康長寿祈願説

よく聞く説がこの健康長寿祈願です。
細く長いそばの麺の特徴から、細く長く延びるようにとの願いが込めて食べるようになったと言う説です。

悪いものを切り捨てる説

そばは切れやすいことから、旧年の労苦や災難など悪いものを切り捨てるという説です。
「縁切りそば」「年切りそば」とも言ったりします。

お金が集まる・金運向上説

金箔を使う職人が散らばった金粉を集める時にそば団子にくっつけて集めたことから、お金を
集める縁起物となり、金運向上のために食べるようになったという説です。

 健康祈願説

そばは風雨に当たっても、翌日日光を浴びれば元気になる植物ということで、健康の縁起物として食べるという説です。
また、そばは体によいものとされ、食べると体内の毒を洗浄してくれると言われそのため健康を願って食べるようになったという説もあります。

このように、様々な説はあるわけで、それらの複数が合わさった縁起物になっているのかもしれませんね。

年越しそばは何時に食べる?

実家では年越しそばは大晦日の夕飯時(19時くらい)に食べていました。

でも、年越し前の除夜の鐘を聞きながら食べるというところも多いようです。
ただし、年を越えて食べるのは縁起が悪いといわれているので、年越し前(0時まで)には食べ終わるべきのようです。

年越しそばは温かいの?冷たいの?

あと気になるのは年越しそばで食べるそばの種類です。
実家では温かい蕎麦だったので、私は今でも温かいそばを食べてます。
でも、もりそばやざるそば等、冷たいそばを食べる家もあるようですね。

で、どちらがよいかというとどっちでもいいようです。

私は寒いので温かいそばを食べたいと思います。

それではよいお年を!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加